2017年10月15日
 ビオトープ内に島をつくり、その上に刈った草を積み上げました。さらに、島の周囲
を波板で囲いました。そして、囲いの内側の水中に、当日までビオトープ内に残って
いたタガメ12匹を放ちました。さあ、島で何匹越冬するでしょうか、実験の始まりです。
2018年3月11日
 何匹島で越冬したでしょうか。枯れ草をどけると、一部だけ土に潜ったタガメが2匹
出てきました。完全に土に潜っていることを予想していたのですが、枯葉の布団だけ
で十分だったようです。土を掘ってみましたが、それ以上は見つかりませんでした。
水面に浮いてしんでいたタガメが2匹いたので、8匹は10月15日以降に飛び去った
ようです。タガメはまだ眠ったままだったので、島に戻し、枯葉の布団をかけておき
ました。
2月11日の凍り付いたビオトープ
表紙に戻る